建設予定地

当面はやったことの備忘録

ハッカソン飯と一緒に今年を振り返る

こんにちは!
この記事はcistLT Advent Calendar 2021 への寄稿です。
adventar.org

今年はハッカソン/インターンなどでのオンライン懇親会に参加させていただく機会が多く、ノンピさんのご飯にとてもお世話になりました。

nonpi-foodbox.com

一人暮らしの地方学生にとって、このようなご飯ほどありがたいものはないです。

というわけで今回は、各ハッカソン/インターンでお世話になった方々とノンピさんのご飯への感謝の気持ちをこめて、飯レポをしながら振り返りをしたいと思います。

DeNAオータムハッカソン

これが僕とノンピさんとの最初の出会いでした。(なんかいい感じのBGM)

ハッカソンとしては、いくつかお題が課され、その中から課題解決に取り組みたいテーマを選定してプロダクトを開発するというものでした。
僕たちのチームでは、「運動不足を解消する」という課題解決をテーマに、歩いた軌跡(トラックログ)で囲まれた領域にいるユーザーの数だけポイントをゲットして競う地図ゲームを考案しました。
github.com

技術的にはクライアントサイドはVue.js(Vuetify)/TypeScript、サーバーサイドはPython(Flask)/SQL Alchemy/MySQLといった構成で、僕はもう一名のチームの方とクライアントサイドを担当しました。
今回は位置情報を扱うプロダクトということで、地図ライブラリのLeafletを初めて触りました。
強くて優しいチームメンバーの方々とメンターさんに本当にたくさん助けていただきました。
アイディア出しから技術面に至るまで、とても学びの多いハッカソンでした。

f:id:denham:20211211094315j:plain
nonpi_DeNA

このときのノンピさんのご飯は「スタンダードプラン 洋」でした。
柔らかいお肉とトマトチーズリゾットがとてもおいしかった。

ノベルティもいただきました。IT系のイベントはたくさんノベルティがもらえてうれしいですね。

JPHACKS

兼ねてから興味のあったJPHACKSに野良で初参戦しました。
JPHACKSでは、野良で参加した場合はランダムで4名1組のチームが組まれるのですが、このときはチームの方が持ち寄ってくださったプロダクトに関わらせていただきました。
github.com フロントエンドの改修に当たらせていただき、ここの1週間はほぼずっとCSSとVuetifyと戦っていました。

このときのノンピさんのご飯はメニュー名を特定できませんでした。
知っている方はこっそり教えてください。

f:id:denham:20211211102340j:plain
nonpi-jphacks
洋風おつまみという感じの上品なラインナップでした。プリンおいしかった!
お肉はやはり柔らかくておいしいです。
懇親会では、都道府県の形当てや寿司打のお話で盛り上がりました。
チームメンバーの方々の温かさに感謝です。

東京ガスiネットハッカソン

Athleticsさんの逆求人イベントに参加したご縁でお声がけいただき、参加したハッカソンです。
節約術と自分だけの地図をマッチングするモバイルアプリです。
仕様技術はFlutterです。
github.com 実はチームメンバーほぼ全員がFlutter未経験というチャレンジングなプロダクトでした。皆で頑張りました。
(自分を含めて多くの方が苦労されているのを見て、Flutter/Android Studioエミュレータ環境構築は鬼門だなぁと思いました)
プロダクトとしては惜しくも完成には至りませんでしたが、わくわくさせられるアイディアのもと、チームメンバーの方がAdobeXDでとても素敵なモックデザインを作ってくださいました。
僕自身、Flutterは環境構築に毛を生やしたくらいの経験値で、なかなか実装面で貢献することができなかったのですが、開発そのものは睡眠を忘れるくらい楽しかったです。
強くなりたい。

f:id:denham:20211211111556j:plain
nonpi-tginet
このときのノンピさんのご飯は「居酒屋プラン(炙りしめ鯖) ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー!付【期間限定】」でした。
ビール+チューハイのアソートセット+レモネードサワーと炙りしめ鯖の相性が絶品です。そしてホクホクの大学いもがおいしい。
懇親会では、同じ23卒の皆さんから色々な就活トークが聞けてよい刺激をいただけました。
就活、つらいけど頑張ろう。

CA 1Day Youth Boot Camp

www.cyberagent.co.jp 愛読している実践Rustプログラミング入門の著者であるyukiさんのハンズオンでした。
Rustの言語的な特徴や基本的な文法についてじっくりと解説していただいた後、実践編としてgrepコマンドを実装してみる、という熱々な内容でした。

rustcの丁寧なエラーメッセージがどんな風に実装されているのか、中身を読んでみると面白いですよ、といった余談も印象深かったです。

懇親会では、CAのエンジニアの方からスノーフレークが熱いというお話や、個人的に気になっていたフロントエンドの設計思考やデザインパターンのお話(リアクティブシステムとObserverパターンのお話など。勉強になりました。)を伺うことができて楽しかったです。

f:id:denham:20211211095737j:plain
nonpi_CA1
このときのノンピさんのご飯は神田明神下みやび 冬の味覚プラン」でした。
Rustといえばかに飯ですね🦀
ふわふわの煮物もみかんもちもおいしかった。

最後になりますが改めて、ご縁のあったすべての皆さんに感謝です。